✈️9月17日からのポルトガル旅行は国境を渡ってスペインのサンチャゴ.デ.コンポステラーから始まりました😊

🌿サンティアゴ デ コンポステーラは、スペイン北西部に位置するガリシア州の州都です。この町はサンティアゴ巡礼路の最終地点として知られ、聖書に登場する使途聖ヤコブの墓があるとされる場所です。聖ヤコブの墓は、中世の城壁に囲まれた旧市街の広場に緻密な彫刻を施した石造りのファサードを堂々と構える、サンティアゴ デ コンポステーラ大聖堂(1211 年に献堂)の中に安置されていると言われています。

🌿聖ヤコブとはキリストの弟子12使徒


🌿シェルマークは歓喜の丘から巡礼道の道しるべサンチャゴ.デ.コンポステラーまでつづいてます

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(サンティアゴ・デ・コンポステーラのじゅんれいろ)は、キリスト教聖地であるスペインガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。


🌿ポルトガル、ポルト大聖堂、サンフランシスコ教会 、ドンルイス1世橋、
🌿アベイロ、青と白の美しいアズレージョで
描かれたさんベント駅、アベイロの街


🌿ドン・ルイス1世橋(ポルトガル語:Ponte Dom Luís I)はポルトガルポルトにある道路・鉄道併用橋で、ドウロ川に架かっている。世界遺産「ポルト歴史地区」に含まれ、2016年からは「ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院」として、登録名にも明記された。

🌿ポルトの中心部とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区を結んでいる。 ギュスターヴ・エッフェルの弟子の一人、テオフィロ・セイリグが設計し、1881年から1886年の間に建設された。エッフェルはポルトにある別の橋、マリア・ピア橋の建設に携わっていた。1886年10月31日、ポルトガル王ルイス1世が出席して開通式を迎えた。

ドン・ルイス1世橋は幅8mの2階建て構造になっている。上層の長さは395mで、下層の長さは174mである。現在上層は歩行者とメトロ用に、下層は自動車と歩行者用になっている。メトロは橋を挟んでポルトで最も大きい病院の一つ、サン・ジョアン病院(Hospital de São João)とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアの役所を結んでいる。同区間のメトロは2005年9月に開業したが、それ以前は上段も道路橋となっていた。橋梁の上段を転用した事によって上段の道路交通が阻害されることとなったため、メトロの建設に先立ってドウロ川上流側に別に道路橋を建設し、上段を通っていた道路交通を迂回移転させる方策を採っている。



🌿世界で最も美しい書店 リブラリア.レロ
ハリーポッターの舞台にもなった階段がある


🌿青と白ねアズレージョがすてきなアベイロ駅
アベイロ街散策


🌿アベイロ駅青と白のアズレージョが素敵過ぎて


🌿コインブラ大学

コインブラ大学 は、13世紀に設立された世界最古の大学のひとつである。ポルトガル屈指の名門国立大学とされる。大学が街の中心とみなされ、黒いマントを着たコインブラ大学の学生が行き交う。約2万2千人が学んでいる。8つの学部が存在し、その学部ごとにシンボルカラーがある。2018年のQS世界大学ランキングでは総合401位。